今日は7月から休部していた下北沢の金子ジムへ練習を再開しに行って来た。全部で17R練習し、久しぶりの飯田トレーナーのミット打ちとその後のサンドバックはしんどかった。充実感はある。旅先では大量のフィルムを担いでいるし、9月下旬に日本へ戻ってからお金のかからないロードワーク、懸垂は続けていたので、筋肉・体力的にはまだ大丈夫だった。ミット打ちの久しぶりの無酸素運動はきついが。

毎年2,3ヶ月アジアの撮影旅に出て、残りの約10ヶ月は日本でロードワークをしたり、ジムに通ったりしている。

これを6年間繰り返している。カメラマンや写真家としては、異色かもしれない。

一応自分なりの考えがあって、写真家は写真を撮っているだけでなく、様々な経験が必要だ。カメラの性能云々ではなく、まずは肉体と心というハードを維持したり、磨くことが大切だ。そこから、写真が生まれる。

弱そうに見えて実は腕っ節が強かったり、旅を続けていると本当の強さを手に入れたいと思う様になる。今まで見て来た負の光景のバランスも保てる。アジアの貧しい人の気持ちも忘れない様にしたいし、いつもいつも旅先にいて「今度も日本へ無事に戻ったら、またトレーニングをしよう」と思ってしまう。

なかなか生活は安定しないが、動くことで自分をコントロールできるし、いつか必ず生きて来ると信じている。写真を撮ることは運動だが、写真をまとめたり・考えたりするのはインドア作業だ、東京へ戻ってそれだけだと鬱になる。何か運動しないと・・・。自分が良かれと思って撮り続けている写真でも、大衆の人気を得られるとは限らないし、もう1つの強みは必ずいる。

また定期的に通えたら、通いたいものだ。

広告