コメントをどうぞ

今日は朝1時間のロードワーク、夕方全部で21R、筋トレ3セットのジムワークを行う。
毎週月曜日から続けて、金曜日で疲れがピークになるが、土曜日になると次の日が何も運動しない日と決めているからか、
気持ちも体も軽くなる。
 
シャドーでも、サンドバックでも、トレーナーの指摘通り、戻しを速く、弾くパンチを心がけてトレーニングをする様になった。
以前よりもだいぶ体力も筋肉も使っている。5年も続けていると、だんだん要領のいい、楽なボクシングをする様になってしまう。
1,2年は必死だが、だんだんとそれがルーティングワークになって怠惰に甘えてしまう。人は楽をする生き物だ。
誰かからの一言によって、修正したりする。
 
今月は朝20日間のロードワークと、夕方・夜23日間のジム通いをこなす。
これから寒くなる季節だ。肺の病気を経験した者にとっては、寒さ、乾燥、埃が一番の大敵だ。
でも、完治してから1年以上は経ったし、朝のロードワークをずっと加えて来たことによって、朝方の生活になっている。
病気の時は冬の朝の寒さがどれだけ堪え、空咳に悩まされたことか、今でもコンプレックスになっているし、その時は死ぬかと思ったし、
現代の薬で命拾いした。今でも激しいトレーニングをした後で咳が出ると・・・またか!と思うが、もう病気ではないし、自分の免疫力が勝っている。
 
今では、嘘の様だ、何でも自分を信じて、両親に感謝して、頑張るものだ。プロボクサーに近い体力が付いて来たと思う。
ボクシングを続けることによってもっと慎重になっているから、過信は禁物だが・・・・・ボクシングの動きでは体力が付いて来たと
思っても、肉体労働の仕事ではまた体調を壊してしまうかもしれない。何でもその仕事の向き、不向きがある。
 
沢木耕太郎さんの「旅する力 深夜特急ノート」を図書館で借りて読む。
ああいう作品が書かれた背景を知ると、またいっそう興味深い。下手したら、深夜特急が、ただの旅日記の書籍で終わったこともありえた。
作品というのは、結局は誰かの遠い模倣だったりする、今の時代に完全なオリジナルはありえない、ただ自分がどう感じたかだ、
人類初めてではなくても、自分らしさや自分なりのオリジナリティー、説得力が出せるかだ。
 
沢木さんの文章力はさることながら、語り継がれる作品が生まれるのは、支える編集者や装填者や、一番近いのは旅の始めや終わりで
助けてもらっている両親なのかもしれないと思ったりする。無一文のライターがもう一度働き出すには、仮と言うか、潜伏期の実家という存在も大きい。
実家が地方だったりすると、すぐお金になる肉体労働やバイトをしないといけない。写真家でも同じだ。
 
深夜特急でもそうだが、いい作品と言うのは、すぐには生まれない。煮詰める時間が必要だ。
帰国してからすぐ書いても、支離滅裂で、上手くまとまらず勢いだけで、自己満足で終わる可能性も高い。
様々な経験をして、何年か経って再度書きたいという熱が出た時、そこからが本当の勝負かもしれない。
 
旅をしたというのは紛れもない事実だし、その時の熱を確実に閉じ込めている。
 
小説家やライターなら文章だし、写真家なら写真だ。
 
長期の旅で撮った写真は、間違いなくその時の熱を閉じ込めている。
小説家の書くという行為が、写真家ならまとめるという行為だ。
まとめるのはお金も関わってくるし、時間がかかる、すぐにはできない。
 
ただ諦めないことだ。その年でどんなことに情熱を持っていたか、
今はボクシングのトレーニングに熱を出しているが、心の底にある旅や写真という最後の熱を失わない限り、
大丈夫だ。自分を信じることだ。
 
何年後かにその気になれば、写真を撮る為に、世界1周だって出来るし、今までは点や短い線の連続だったが、
もっと長い線で旅をしたいという気持ちもなくはない。
 
本のことを考えていたら、名古屋テレビの「深夜特急」の方も今になってまた見たくなって来た。
生まれは名古屋なので、学生の頃何度か見たと思うのだが、断片的な記憶しかない。
その頃は、自分が旅にはまり、写真家になるとは思ってもいなかったからだろう。
 
名古屋の作り手が深夜特急を作ることを打診したというのも興味深いし、
ただ人生の長くを過ごして愛着があるからか、アジアの旅先でも、けっこう名古屋人(東海人)に意外に出会ったりする。
 
名古屋はそういう旅に出る血が流れていると思うのは、いい人生経験をしたいと思っている人が多いと思うのは、
今までの会った人達や直感である。別に統計を取ったわけではないが、そんな気がする。
深く考えていくと、名古屋というのは、東京と大阪の間にあたり、地理学的にも通過地点だし、戦国時代まで遡れば、
織田、豊臣、徳川の血の濃さそうな人達の多くいそうな土地でもある。
そういうDNAが流れていても不思議ではない。
名古屋には独特の文化があり、これは東京でも、大阪でも譲れない所だ。
名古屋人の誇りを持っている。東京に長く住んでいても、そこは相変わらず変わっていない。
広告

ボクシング道

コメントをどうぞ

今日は早朝1時間のロードワーク、朝から午後までバイト、夕方からジムへ。
全部で21R、筋トレ3セット、2時間ほどジムワークを行う。
その内、飯田トレーナーのミット打ちを2R行う。
チーフトレーナーはやはりすごい。
その人の欠点をいち早く見抜き、ミット打ちでもその人の数段階上のミット打ちをしてもらえる。
スピードはあるし、終わった後は心拍数もかなり上がるし、決して楽ではないが、とても自信になる。
その勢いで、サンドバックに向かえられる。
5年間変わらない。
 
「パンチを弾く感じで、戻しを速く、そしたらもっと強くなるぞ」、いい言葉を教えてもらった。
癖や慣れというものは恐ろしいものだ。できるだけ遠くへ当てようとすると、どうしても押す様になってしまう。
シャドーでも、戻しが曖昧だと、けっこう楽に感じる。
5年間の変な癖がどうやら付いていた様だ。自分だとなかなか気付かない。
 
まだまだその道が5年余りだと、ボクシングを空手と同じ固定観念で受けてしまっている。
トレーナーから教えてもらったが、確かに空手は突きを伸ばし、パンチを押す感じだ。
しかし、ボクシングは違う。
腕という紐の先にグローブという石が付いている。
紐やゴムの様に弾く感じで、石をぶつけ、相手に脳震盪を起こさせる。
ボクシングのパンチと空手のパンチは、その先端がグローブと拳でそもそも種類が違う。
目から鱗が落ちる感じだった。
 
確かに世界レベルの選手などは、腕がしなやかでゴムやバネの様だ。
瞬きをする間もなく、しなやかなカウンターが入り、いつの間にか相手が倒れているという場面もけっこうある。
「パンチを弾く」の究極だろう。
さすが人に教えたり、無数のボクシングの試合を見ている人の言葉だ。
 
推測でしかないが、練習生は言うまでもなく、プロを目指している人でも、
同じ様な間違った固定概念を持っている人は意外に多いのではないかと思えて来る。
知っているか知らないかの問題だが、教えてもらわないとなかなか気付かない。
 
即実践しているが、素人目だと微妙な違いだが、練習を積めばもっと強くなりそうだ。
 
やはりボクシングでも、やろうとする動きができなかったり、思う様にいかないと非常に悔しいものだ。
突き詰めていくと、なかなか満足いかない。反省ばかりだ。
 
これは写真にも通じる。
 
収入は落ち込んでいるが、ギリギリまでボクシングをもっと習得したい。
 
お金とかじゃなくて、自信とか経験だと思う。別にぐうたら寝ているわけではないし、悪いことをしているわけではない、
自分の生き方に誇りを持ったっていい。
 
33歳で、同じ様な運動量で同じことを続けていたら、付いていけない人もいるし、知恵熱が出る人もいると思う。
軍隊の生活はどうか分からないが、少なくとも普通の会社員よりは、軍隊に近い生活をしていると思う。
 
例えば会社の研修で、軍隊の実習を取り入れている所もあると聞いたことがあるし、
そういう所でも、研修なら遅れを取らない気がする。嫌々じゃなくて、ただ強くなりたい一心で、
自分からボクシングのトレーニングを続けているし・・・・。
 
軍隊と違うのは、ボクシングは自由だ。
プロの人でも、アマチュアでも、年を老いても、それぞれのボクシング道がある。
 
ただボクシングは肉体が全てだから、できるだけ若い内にやっておいた方がいい。

肉体と道具

コメントをどうぞ

今日は朝1時間半のロードワーク、夕方全部で20R、筋トレ3セット、2時間ほどのジムワークを行う。
 
1ヶ月の練習量が20日間を越えると、1日1日がしんどくなって来る。
 
写真家は、カメラと言う道具を使っている。フィルム、プリント状態の写真、写真にまつわる全てのものが道具だ。
始めは肉体と精神、五感ありきでカメラを操っているが(歩いたり、待ったり、声を掛けたりしながら写真を作っている)、
他者や道具に頼っている部分は大きい。例えば魅力的な人間を撮りたくて声を掛けても断られればそれで終わりだ、
絵画の様に自分からは作り出せない。被写体ありきだ。旅だと、そこに行かなければ写真にならない。
 
ボクシングはグローブを付けたり、パーリーなどのテクニックもあるが、肉体と精神が全てだ。
体力がなくてリングに上がれば、本試合ならボコボコにされる。写真家の様に道具や写真を作り出す前の段階のコミュニケーションに
頼ることはない。リングの外では助けてくれても、実際にリングに上がれば、頼るのは自分だけだ。
 
今年は練習量を増やしているが、まずは体力ありきのボクシング中心の生活を送ることは、必ず将来の写真にも生きて来る。
肉体だけだとどれだけのつらさがあるのか、33歳という年齢もあるし、身に沁みて感じている。道具には逃げられない。
肉体がもっと強くなってカメラという道具を持てばいい。
 
今までの人生の中で一番いい筋肉が付いて来たと思う。ボクサー体型にも近くなって来た。
肉体というのもたえず変動するから、トレーニングをストップすれば衰えていくし、10年先は分からない。
まだまだ鋼とはいかないが、前よりも筋肉が締まり鋼に近い肉体を経験することで、「あの時はああいう肉体をしていた」と記憶しておくのはいい経験だ。
 
アジアの撮影旅で慣れているが、日本でも月収やギリギリの生活を続けている。ボクシングをアルバイトの時間に置き換えれば、
健康でい続ければ、すぐに金銭的なものは(どうにもならないこともあるが)何とかなるという人生哲学や楽観的なものもある。
 
14時間拘束で駅のプラットフォームの警備員や、13時間拘束で工場のベルトコンベアーでひたすら雑誌を仕分けるバイトも経験しているから、
お金を稼ぐということは自分の好きなもので食べていくにはどれだけ大変なことなのかもある程度は分かっているつもりだ。
 
長時間拘束のバイトで怪我をしたり、肉体労働で病気になった者から言わせてもらうと、好きでもないバイトで体を壊したら本望じゃない。
馬鹿馬鹿すぎる。労働者には自由がなく、使い捨てである。でも、今の社会はそういう風に出来ている。貧しい者が馬鹿を見る時代だ。政治家、民主党が労働の1つでも
良くしてくれと思うばかりだ。
 
逆に自分の意志で進んでいる撮影旅や、ボクシングのトレーニングで怪我をしても、納得できる。極力、人生を棒に振るバイトはしたくない。
できれば好きでもないバイト中心の人生は送りたくない。最低限度の生活はあるし、社会はそんなに甘くはないから、しょうがないが・・・。たぶん一生続く。
バイトをすることでそれも写真に生きて来ると、有り難いのだと思考を変えている。
 
好きなものや、本当にやりたいものなら、命を賭けられるのだが。そうなると、やはり旅や写真である。

内面の旅

コメントをどうぞ

今週は朝5日間のロードークと、夕方以降5日間のジムワークをこなす。
 
予想通り左の上肋骨の痛みはほぼなくなった。仮にひびが入っていたとしても、2,3週間でだいぶ良くなる。
真相は今の所分からないが、この先CT胸部の検査をすることがあったら、事後で分かるに違いない。
まあ、いつになるか分からないが・・・・骨は後で形成されたものは分かるらしい。
結果オーライで、体の調子はすこぶるいい。
 
ボクシング特有の筋肉もだいぶ付いて来た。様々なパンチを繰り出す為に、肩回りと脇の下の筋肉が自然と付いて来る。
 
プロではないが、突き詰めていくと、自分なりにウエイトコントロールもする様になって来た。
運動前で60キロ前後、運動後で59キロ前後、秤に乗らなくても、今日は体が重いとか何となく分かる。
 
食事も毎日大豆、乳製品、野菜、果物中心にだいぶ前から切り替えている。
「毎日鍋みたいな物を食べればいいじゃん」、突き詰めた先が、この結論だ。
肉は鶏肉に切り替え、魚はスーパーでその日一番安い物(鯖、鮭、鰹、ししゃもなど)を買い、毎日蒸すと言うか、
汁の少ない魚を変えた石狩鍋の様な物を食べている。
野菜はほうれん草か小松菜、かぼちゃ、ピーマン、葱を入れている。
それに、豆腐と納豆、牛乳とヨーグルトとバナナは欠かせない。
 
これで良質なたんぱく質が取れる。
飽きずに夜はほぼ同じ物を食べているので、毎日同じ物というのも少し心配だが、理論的には体には悪くないはずだ。
体に吸収されれば、栄養的には一緒だと思う。インドの旅も教訓になっているが、インド人はほぼ同じ物を毎日食べている。
小麦で作られたパン、豆のカレーのダール、乳製品のチャイ、貧しい人はこれだけだ。
豊かになって来ると、チキンカレーやタンドリーチキン、マトンカレー、卵、野菜のカレーなどでレパートリーは
今の僕よりも断然少ない。でも、実に理にかなっている。それで、日本よりも圧倒的に過酷な風土で生き続けているのである。
 
日本ではファーストフードのハンバーガー、カップ麺は食べない様にしている。ハンバーガーなら菓子パンの方がいいし、
レトルトのカレーや缶詰めはいいが、カップ麺は汁まで飲んだら塩分が多すぎる。
 
食事のお蔭も多少はあると思うし、だいぶ締まって来た。
 
写真だと報道写真は外面を伝え、外面に向いている写真である、
抽象的な芸術写真は内面に向いている写真である。
自分なりのドキュメンタリー写真は外面と内面の中間であり、個人差がある。
用は、ベクトルが外面に向いているか、内面に向いているかの違いであり、表現するということではあまり変わらない。
 
アジアへの撮影旅は、外面の旅だ。日本に戻ればまとめる作業に入り内面に向かい、写真によって外面の旅も内面の旅も出来る。
しかし、いかんせん、お金がかかる。発表までのタイムラグも大きすぎる。撮る時も被写体を待ったり、無駄なコマも多いし、
作品を完成させるまでに、多くの時間を費やすことになる。他者の評価もあるし、
それらを含めて写真だが、どこかで消化不良になる部分もある。
肉体と精神の直結が緩んでしまう。
 
ボクシングは日本での生活の刺激を補ってくれたり、支える、内面の旅だ。
しかも月13000円で体力が続けば何度でも通うことが出来る。
練習すればするほど、ボクシングは上達して来る。トレーニング一般だが、筋肉は写真の様にタイムラグや他人の審査や評価もないし、
頑張った分だけ写真よりはすぐに力になる。
10日間通うよりも20日間以上通った方がいいし、
今年はボクシングにも力を入れている。
33歳という年齢はもう二度と帰ってこないし、
10年先はボクシングでは今の動きは出来ない。
体力が命のスポーツだ。写真はその点半減されるが。
 
ボクシングも未来の写真の為だ。
強くなればなるほど、体力が付けば付くほど撮影旅に生きて来る。年齢には逆らえないし、体力を維持することは非常に大切だ。
根気よく写真を続けることを諦めていないし、ただ、少し遠回りしてもいい気がする。
早いか遅いかの問題であって、道は繋がっている。
 
人生計画は一貫している。

プロとアマ

コメントをどうぞ

今日は朝1時間半のロードワーク。
 
夕方ジムへ。全部で20R、筋トレ腕立て100×3、腹筋150×3を行う。
 
ボクシングはどんなに頑張っても、何十年も継続的に練習をしても、現実的にプロにはなれない。
まず年齢の33歳と、目が悪く(たぶん乱視も入っている)コンタクトレンズをしているし(試合やスパーリングなら見つかったら失格である)、
物質的に不可能だ。
これから先、年齢が40歳まで引き上げられたり(食事面もあるし、ボクシングの競技年齢は上がっている)、コンタクトレンズや眼鏡を付けていても、
フルコンタクトが出来るヘッドギアが開発されたり、アマの試合でも認められる様になれば話は別だが、確率的にはかなり低い。
ボクシングに関しては、永遠のアマだ。
 
自由旅や写真に関してはプロのつもりでいる。10年は続けているし、それなりの経験や理論やノウハウも持っている。
旅行会社にいた期間は短いが、無駄にはなっていないし、写真の制作関係のバイトもしている(デジタルカメラの機能などはデジタルを使っていないので弱いが・・・)
いい写真の撮り方、見方、セオリーはある。
自分の作品だけでは食べていけないので、バイトをしながら、作品を撮りためている。
 
写真を撮る時はスポーツの感覚もある。写真をまとめる時は文学的、学問的な要素が強い。
アジアの写真を撮っている者にとっては、日本にいる時は自然と今まで撮って来た写真をまとめる時間が大部分になる。
何でもそうだが、机に座ったままで仕事や勉強だけをしていると、精神的に可笑しくなってくる。
しかも写真をまとめるということは、難解なパズルを組み立てる様で、正解の答えもないし、見る人の好みや審査もある・・・・
自分の考えを頑なに突き通すことも時には必要だが、世間とのギャップに悩んだり、もちろんお金は稼げないし、
非常にジレンマに陥るのである。
写真だけだったら、画家や小説家と一緒で自殺に陥りかねない。
 
そうならない為に、体を動かしたり、鍛えないと・・・。
 
僕にとっては、ボクシングが気晴らしであり、自分のペースでも出来るし、かなり救われている。
精神的にも助けられているし、肩こり(筋肉痛はあっても)、ヘルニア、肥満といった中年になると陥りがちな
ものとも今の所無縁だ。肺の病気に罹ったことはコンプレックスだが(工場のバイトや偏った食事がいけなかったと思う)、
完治させて、長年のトレーニングのお蔭でかなり健康的で規則正しい生活を送れている。
まずは健康が第一だし、そういう大切なものは簡単には手放したくない。
 
ボクシングは永遠のアマでもいいが、ボクシングのつらさや楽しさを伝えていければいいと思っている。
もちろん最後は旅や写真の心の覚悟はあるが・・・・・。
 
会社一筋の生活は(結婚していたり、子供がいたら、現実的に不可能かもしれないが)、独り身だし、
もう戻りたくない。
 
いつか死ぬし、趣味と両立させる生き方、生きがいのある人生を模索している。
 
長期の撮影旅も、会社員であり続けたら、一生出来ない。
 
もういい意味で開き直っている。本当にやりたいことが見つかっているから、進むしかない。

トレーニング日誌

コメントをどうぞ

今日は朝ロードワーク、午後までバイト、その後ジムへ。
 
全部で20R、その内の3Rを飯田トレーナーとマスボクシングを行う。
 
実戦形式の練習はやる度に迷宮入りする。
正解はないし、ボクシングは難しい。体力的には軽減するし、微妙に違うがパズルの様な難しさなら写真と一緒だ。
 
トレーナーは身近にいる最強の40歳である。すごいバイタリティーに溢れている。
たぶんどこのジムでもそうだと思うが、トレーナーは元プロボクサーであり、
マスボクシングをやっても、かなり手強い相手だ。
ポジショニング、間合い、タイミング、攻撃と防御など実戦のコツを知り尽くしている。
 
上手くあてさせないで、練習生の手数を出させ打たせ動かせ、体力を消耗させるというか、付けさせてくれる。
僕の方はコンタクトレンズをしているというのもあり、ヘッドギアを付けているが、
その分ないよりも踏み込める。ただなかなか思う様にはいかない。
マスボクシングをやり始めた時よりもいいのが入るが、だんだん課題が出て来る。
 
自分よりも強い相手と練習すれば、悩むが少しずつ強くなっていく。
 
プロアマ問わずやっている人なら当然思っていると思うが、ボクシングは自分のペースでも出来る。
自分なりに次はこうしたい、この様な動きが出来るようになりたい、強くなりたいと、だんだん病み付きになって来る。
 
今は33歳だ。強い人は幾らでもいる。ただそれを後15年でも続けた時は、銀が金になり、銅が金になる。
最強の40代になる様に頑張りたいものだ。
 
写真と一緒だ。
 
もう早く寝よう。
 
最近は10時までには寝て、5時45分には起きる様にしている。
そして、朝のロードワークだ。
 
ロードワーク、ジム通い、これがローテーションの様に5日、それが1ヵ月、半年、1年と続くと、1日の睡眠時間が貴重になって来る。
寝る子は育つ。

自分の中の葉隠

コメントをどうぞ

今日は図書館、銭湯へ行く。
日曜日もロードワークやジムへ行こうと思えば行けるが、
焦りや無理は禁物だ。運動したい気持ちを抑えて、安息日にしている。
 
銭湯では、4、50分湯船に浸かったり、腰掛けたりしていた。普通の銭湯だが、水圧でマッサージをしてくれる浴槽や、
入浴剤の入った露天風呂がある。毎回違った入浴剤が入っていたりして、丁寧に効能もその都度書かれている。
「・・・・・ひび、筋肉疲労・・・」とも書かれていて、格闘技系のスポーツをやっている人にとってもかなり有り難い。
毎回ジムにあるシャワーだけで済ませているので、週に一度の最高の贅沢である。
 
最近、「葉隠」にはまっている。言わずと知れた「武士は死ぬことと見つけたり」の一句が有名な武士道を説いた書物だ。
その中でも、三島由紀夫の「葉隠入門」や、名前は忘れたが漫画で描かれたものが面白い。他にもあるが、余分な歴史背景が書かれていたりしてつまらない。
作者が葉隠を自分の中でどう解釈したのかが興味があり、面白いのである。
下手をすれば葉隠は戦時中の右翼を持ち上げる書物にもなりうるが、いい所は学んで悪い所は無視したっていい。
自分の中の葉隠を作れば、こんなに勇気付けられる書物はない。
 
三島由紀夫は、死を人間が選択できる最後の自由としたのが最大の誤りだと思うが(自殺は神の冒涜である)、それ以外は共感が持てる所も多い。
アジアの撮影旅に出かけると、大袈裟だがどこかで死を覚悟しないといけない部分もある。自殺は嫌だが、殺されたり事故に遭遇するのはある程度腹を括っている。
何十年も続ければ、いつかそうならないとは限らない。最後の有事の時に、「武士は死ぬことと見つけたり」でも唱えれば、ほんの少しでも楽になれそうな気がする。
ボクシングを続けていると、寂しいとか、孤独とかいう感情がないと言ったら嘘になるが、だいぶ和らぐ時もある。
死に対する恐れも少なくなっているし、ある程度開き直れる、自分なりの死生観が出来る。
心もたぶん強くなっている(と思う)
 
葉隠の中でも、「一生はわずかの事なり」
人間の一生は誠にわずかのことだから、(苦労はしても、お金は稼げなくても)好きなことをして暮らすべきである。
 
「あわてず急がず」
世の中が滅び、金が底をつけば銀が宝になり、銀が底をつけば銅が宝になる。
(自分の道を信じて頑張って)努力をすれば、15年後に役に立つ。
 
特にこの二つが本筋を逸れて自分なりに解釈したとしても気に入っている。
 
写真家として生き続けて行くには、毎年同じテンションで撮り続けることなんて金銭的にも非常に難しい。
何年か前でも、覚悟を決めてテンションを高くして撮ったものは宝と一緒だ。火災などで原版を失わなければ、
自分にとっての宝でもあるし、時代が変われば社会にとっての宝になるかもしれない。
金銭的余裕がなくて、なかなかプリントできなくて、何十年後に余裕が出て来てプリントして個展を開くという
写真家もまあまあいる。
 
最近はずっとカラーだが、最初の頃の4、500本ほどのモノクロもどこかで陽の目を見せたい所である。
その時の時間や気持ちは閉じ込めたままだ。
眠ったままだと、やはり残念な気持ちなのである。
 
分身や足跡が箱に眠っている・・・・「あわてず急がず」を思い出す様にしている。

Older Entries