今日もジムへ行く。今月は19日間通うことが出来た。
 
ボクシングを始めて(撮影旅に出ている空白の2,3ヶ月間を含め)4年目になる。特に今年はもっと上手くなりたいと思ったり、体を動かしたい欲求が芽生え、1月から月18日前後で打ち込んで来た。
 
自分のペースでできるのはボクシングの魅力だし、自分なりの動きが出来たり、いいパンチが入った時はうれしい。肉体面、精神面とだんだんと鍛えられていくのは達成感がある。
 
やはりハードなスポーツだ。1Rの3分間さえも追い込めば追い込むほど死ぬほど苦しくなる。
 
達成感もあるが、限界も感じている。31歳の僕にとっては、疲れてくれば足がもつれて来るし、勢いのあるパンチも打てなくなる。何よりも筋肉の回復は遅いし、スタミナも低下している。プロの方を見ていると自分の練習量はまだまだ甘いと思ってしまう。プロには減量もあるし、フルコンタクトのスパーリングもある。同じ様な動きをすれば、間違いなくもっと体を壊すだろう。
 
実家の名古屋から用事があって出て来た父親と最近会った。「鍛える年齢はもう終わりなんじゃない?」というニュアンスの言葉が引っかかっている。確かに肉体的に鍛えるというよりも調整する年齢に差し掛かっているかもしれない。年齢には勝てない。
 
ロッカールームで日本フライ級チャンピオン清水智信さんと会った。7月30日の内藤さんとの世界タイトルマッチの調印式を終えて、ちょうど練習を終えていた。
 
いい顔をしていた。ボクシングをかじっている者としては、二人とも雲の上の存在の様な人達。特に清水さんは、同じ所属の金子ジムのエースであり、一番強い人。知っている人が世界へ挑戦するだけでも自分のことの様にどきどきする。是非とも勝って欲しいものである。勝負の世界はシビアだが。正統派の清水さんが勝つか、トリッキーな内藤さんが勝つか。内藤さんの動きに惑わされなければ、十分に清水さんが勝てる。清水さんのスピードやフットワークは本当にすごい。
 
だんだんとボクシングの写真を撮りたいという欲求が生まれつつある。写真家にとって写真のテーマは大切。旅から戻って、いまいち日本では撮るものに希望が見出せないでいたが。ボクシングという趣味の延長として身近にある。ずっと撮りたいと思って来たが、4年も掛かってしまった。撮るからにはまずは練習を、より上手くとずっと思って来たが。機は熟したかもしれない。ボクサーは憧れの人として本能的に撮りたいと思うものがある。ボクシングをやっている者が撮れるものがあるに違いない。あいかわらず銀塩カメラとフィルムで、速報性はないが、やるからにはかっこいい芸術的な写真を撮りたいものだ。もちろんボクサーにも喜ばれる。
 
「アイアムボクサー」一ノ瀬泰造が学生時代撮っていたボクシングの写真のタイトル。ボクシングの写真というと、真っ先に一ノ瀬泰造の写真を思い出す。同じ道を歩み、供養もできそうだ。