重い腰を上げて、申請していた新パスポートを取りに行く。あっさり取れる。さすが日本である。これがインドだったら、何らかのトラブルが起きるだろう。
 
10年のものは、1万6千円。今の生活からは痛い出費だが、5年よりもいいし、海外に出れば命の次に大切と言われる国際身分証明書を得られると思えば高くはない。
 
ICチップ導入というのはどうだろうか。日本やアメリカなどの先進国ならば、出入国の手間も省けるし、犯罪者やカウンターをすり抜ける旅行者防止には役に立つが。長期旅行者や、インドやイスラム諸国などの発展途上国に行くには足元を見られる気がする。短期旅行やきれいな国に行けばパスポートが折れたり、汚れたりする心配はないが。インドやトレッキングや冒険旅や長期旅行になると、折れる可能性はけっこうある。何にも持っていない様に見せる内ポケットに入れるのが一番いいから、旅が長引けば自然と汗などで汚れる。インドなどで、「汚れていてICチップが読めない、どうするんだ?賄賂をよこせ!」とか言われそうで怖い。今までの経験だと、国境で賄賂を払ったこともあるし、いったん海外に出れば、とことん理不尽な言いがかりもつけられるし、日本の常識や価値観が全く通じない国や場所もある。だからあまりマイナス要因になりそうな、しかも一番大切なパスポートには落ち度がない様にして欲しいものである。まだ使っていないので先走り、何とも言えないが・・。
 
何はともあれ申請したし、物質的にはいつでも旅に出られる。後は、お金と気持ちの問題だけだ。
 
昔のパスポートも戻ってくる。もっとがちゃがちゃと穴が開けられるかと思ったら、目立たない。ビザも出入国のスタンプもいい状態で残っている。ここ10年、旅を繰り返していたなあと思う。落ち込んだら見れば、確実に足跡が残っているし、気持ちが高ぶり臭い言い方だが青春の思い出が蘇って来そうだ。自分にとっての一つの勲章だと思う。
 
石油も高騰しているし、環境や体調の変化もあるし、だんだんと旅がしにくい世の中になりつつある予感がするが。もう10年、同じ様な動きが出来るか分からないが、半分は意地で旅を続けるつもり。
広告